準備をしてから申し込もう

行っている事業内容

自分がこれまでに、どのような事業を行ってきたのか書類で説明してください。
これから起業する予定の人は、行いたい事業内容を書くのが良い方法です。
事業の計画を説明する時は、具体的にどうすれば成功するのかアイデアを書かなければいけません。
特に計画がなく、ただこのような事業を始めたいというだけでは信用されません。

すでに会社を経営している人は、これまでの経営を振り返るのもおすすめです。
客観的に振り返ることで、問題点を見つけられるでしょう。
問題点を改善する方法も書類にまとめて、金融機関に提出してください。
すると計画性がある人だと思われ、信用されやすいです。
資金サポートでは、信用されることが最も大事だと理解しましょう。

資金の使い道を伝えよう

この時に得た資金を、何に使うのか説明しましょう。
新しい事業を始めるにあたり、機械を導入する会社もあると思います。
具体的にこのぐらいの金額が必要だと書くことで、審査を無事に通過できます。
また自分には、返済能力があることをアピールしなければいけません。
そこで、最近の収入を見せられる書類を用意してください。

さらに他の金融機関から融資を受けていた場合は、それも正直に伝えましょう。
どこの金融機関からどのくらい借りているのか、そして金利の金額を詳しく書きます。
マイナスイメージになると思っている人がいますが、たくさんの収入を毎月得ていることをアピールできれば返済能力があると判断されるので、資金を借りることができます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ