誰が使用できる資金サポートなのか

種類によって決まりが変わる

簡単に言えば、それぞれの資金サポートごとにルールが異なります。
決められている条件も変わるので、使いたい資金サポートがあれば、まず年齢制限を調べてください。
年齢制限が決まっていない資金サポートでも、学生や未成年者は借りられないかもしれないので、細かく確認しましょう。
わからないことがあるなら、問い合わせて聞くのが良い方法です。

若い人を応援する資金サポートなら、39歳以下などの条件が決められています。
逆に転職して起業する人を応援する資金サポートの場合は、比較的年齢層が高めになっていることが多いです。
ですから、どのような人でも使用できる資金サポートがあります。
その時になって焦らないよう、事前に探しておきましょう。

利用できない人の条件

年齢制限の条件を満たしていても、他の条件を満たしていない場合は資金サポートを申し込めません。
仮に申し込んだとしても審査を落とされるので、その他の条件も調べることをおすすめします。
まず、税金を滞納している人や未申告している人です。
税金を納めることは国民の義務ですし、それを怠っている人は信頼性が低いと判断されます。

さらに風俗営業をしている会社や、公序良俗に反する会社も資金サポートの対象外になります。
自分が行っている会社の事業内容も考慮して、資金サポートを受けられるか判断してください。
完全に資金がなくなってからでは遅いので、早めに申し込むことがコツです。
それなら資金不足になっても、慌てることはありません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ